働く女性の声

女性社員座談会
-東海スプリング製作所で働く女性社員のホンネ-

東海スプリング製作所で活躍する6人の女性にお集まりいただき、仕事のことや子育てとの両立などについてお話をお聞きしました。

    • 製造一部 生産一課
    • 片桐
    • 技術部 工機課
    • 製造部 品質保証課
    • 堀口
    • 総務部 総務・経理課
    • 大嶽
    • 技術部 生産技術開発課
    • 久徳
    • 生産管理部 購買課
    • 石元

部署での女性活躍の場について

大嶽:総務の業務は男性も女性も関係なく能力を発揮できる部署だと思います。そういった中でも、育児であったり今後増えるだろう介護は、女性の目線だから気付ける部分が多くあるので、仕事と両立するときに負担が増えるという心配事や不安などの相談に乗れますし、実際、総務に女性がいて話しやすいと相談に来てくれる社員がいます。

片桐:製造現場では重いものを持つこともありますが、台車に載せてしまうので、重くて大変ってことはないですね。私は子どもが3人いるので、体力はあるんですよ。たぶん子育てしている女性は、男性よりも体力あるんじゃないかな?周りの人に「大丈夫?」って心配されるんですけど、「大丈夫です!」って言ってますよ。

堀口:私の所属する品質保証係は、完成品の検査や測定を担当しています。細かい仕事なので、女性に向いてると思います。体力よりは神経を使う仕事ですね。

性が働きやすい環境について

久徳:私の部署には私以外に女性が2人いますが、2人ともお子さんがいるんです。お子さんの発熱とかで休んだり、早退しなければいけないときも、他の社員がフォローしている姿をよく見ますよ。

岸:確かにそうですね。子どもが朝、急に具合が悪くなることがあっても、休みを取りやすい雰囲気なのでありがたいですね。

大嶽:当社は全体的に、男女問わず、家庭の事情で休暇を取得することに理解がありますよね。

片桐:子育て期間はフレックスタイムが使えるから、都合に合わせて調整がしやすいですよね。行事とかで1日の勤務時間が短くなっても、1ヶ月間で不足している時間を残業で補えるからスケジュールが立てやすいし、給与面の心配もないですから。できれば、もう少し長い期間のフレックスタイムを使えるようになるとうれしいな。意外と子どもの用事って多いんですよね。

大嶽:事務職は育児に関係なくフレックスタイムを利用できますけど、製造現場では、子どもが3歳までしか育児フレックス制度を利用できないから、製造現場でももう少し長い期間利用できるよう改善していくことも考えていきたいですね。育休明けの職場復帰の時に、本人の希望によって比較的周りがフォローしやすい部署に異動することも可能です。でも元の職場に戻りたいという気持ちもあると思いますからね。

前・産後休暇と職場復帰について

岸:産休を取得したことのある先輩がいたので、私は言いやすかったですね。他社の友達に聞くと、他にいないから言い出しにくいところもあるみたいです。

堀口:私は、通常1年の産休期間を1年半に延長してもらいました。子どもが保育園に入れなかったので、総務に相談したら延長できると教えてもらえて助かりました。

大嶽:女性が出産等で一時的に働き方を制限されてしまう場合に備え、各種制度を整えています。出産育児制度があっても、事情で使いにくい職場もあるかと思いますが、当社はきちんと機能しています。産休のことなど心配事があれば、総務まで気軽に相談に来てほしいですね。総務の立場から適切なアドバイスができると思います。

性社員のキャリアについて

大嶽:私は、係長という役職に就いてちょっとやりがいを感じられました。自分の考えを提案でき、仕組みを考え進めていけるようになったと思います。 こうした役職に就いたので、ぜひ皆さんの意見を聞いて職場の改善につなげていけるようにしたいですね。

後の目標について

久徳:入社2年目で、同じ部署の人にすごく優しくしてもらっています。早く、私にできることは任せてもらえるようになりたいです。

堀口:男性社員が受けている技術試験や技能大会に挑戦したい。上司には、今年は出たいと話をしています。

石元:今はまだ、問題が起きたときなどには、上司が全部対応してくれています。上司に負担をかけないように、自分でも判断したり調べたりできるようになりたいと思っています。

大嶽:製造業なので、まだ男性中心の面があると思いますが、私も役職をもらえて、女性も頑張ればキャリアアップできるようになったかなと思っています。女性が男性よりも優れている点もいっぱいあると思うので、そういったところをもっとアピールして、認めてもらえるようにしていきたいですね。まだまだ女性が働きやすい会社に変われると思います。

インタビュアーコメント

お集まりいただいた方々がそれぞれイキイキと働いている様子が垣間見えました。長く仕事を続けやすい環境や、子育てと仕事を両立する女性を会社全体で温かく見守る雰囲気が感じられます。今後、ますます女性社員の活躍の場が広げていくと期待できました。

PAGE TOP